• ホーム
  • 証券取引はオプトロム株価よりコスモス薬品

証券取引はオプトロム株価よりコスモス薬品

お金を数える人

証券取引をしようとした時には、オプトロム株価の手頃な銘柄を選んで投資をしてみようという人は多いものです。
オプトロム株価は長い間、100円を切る価格となっていて数万円もあれば投資をすることができるものでした。
しかし、このように低い株価で推移しているというのはそれなりの理由があるものであり、オプトロム株価というのは将来性を見据えた投資よりもマネーゲームとしての投機に近いものとなっていました。
実際時々大きく吹き上がることがあるため、そのようなタイミングで売ることを目標に仕込んでいるという人も少なくない銘柄でしたが、最終的には業績不振であったり反社会的勢力との関連を指摘され上場廃止になってしまいました。証券取引をする上において怖いのが、上場廃止であり証券取引所から上場廃止になってしまうと、自由に取引をすることができなくなってしまい、株の価値というのは大幅に下がってしまうことになります。
オプトロムのような元々のボロ株はもちろんのこと、大きな企業であっても不祥事などで上場廃止になると価値がゼロになるわけではないにしてもその価値というのは大幅に下がってしまうことになります。そのため、実際に投資をするのであれば値嵩ではありますがコスモス薬品のような、安定している銘柄のほうが投資をしやすいといえます。
コスモス薬品であれば業績もしっかりしていて、突如として倒産をしてしまうという恐れもなく株価が下がってしまったとしても配当が出るため、ボロ株のように突如として無価値になってしまうことに怯えながら保有をする必要もないので、投資という観点からいえばコスモス薬品のような銘柄のほうが投資をしやすい対象となっています。